POSレジってスタンドアローンのもので30万円くらいからでしょうか。先輩が昔POSレジの飛び込み営業をやっていたという話を思い出しました。長年やっていると店構えを見ただけでその場で買ってくれるかどうかがわかるというからすごいでかいですよね。サーバ接続できるタイプのPOSレジは数百万円以上必要で、業務形態によってはカスタマイズが必要となり総額数千万円にも膨らんでしまうような知りものだというイメージがあります。

そして昨今、iPadやAndroidタブレットのアプリとしてサービスされているPOSレジが多数ありますが、何と言っても費用については要見積もりとなっているものが多く、これを見た時点ではっきり言って萎えますよね。人の顔見て値段を決めるということなのではないかと思ってしまいます。
月額いくらというものも多くありますが、台数毎に課金され結局高額ECサイトとは連動できないと言った問題を抱えています。

当社がこの度リリースする「Magento iPad POSアプリ」は、

  • 税抜198,000円ポッキリ。月額費用なし。
  • ユーザー数無制限、iPad台数無制限
  • ECサイトを構築する世界最強のパーッケージMagentoと完全同期
  • と言うかたちで、サーバー接続タイプでなおかつECサイトも1店舗として売上や在庫数を同期できるPOSレジを導入可能なソリューションです。

    実店舗を持っている中でECサイトによる販売も始めると、昨今のEC化率の上昇に伴い、ECサイトからの売上も本格化してきます。そのとき必ず、ECサイトとの在庫数同期のオペレーションが煩雑になり入力ミスも発生、また在庫の少ない商品が実店舗とECサイトで購入がバッティングしてしまうなどの問題が発生しますが、「Magento iPad POSアプリ」は常にリアルタイムで同期するため、これらの問題が発生することがありません。
    またECサイトの運営が本格化してくると、基幹の会計システムとの同期なども必要となってきますが、あらかじめ実店舗とECサイトの売上データをMagentoに集約しておけば、Magentoからデータを吸い上げるだけで、完全な売上データの取得も可能になるためシステム開発コストとメンテナンスコストを半分に抑えることも出来る訳です。(Odoo - 旧OpenERPなどを用いれば既製品であるMagentoとのコネクターがあるためその開発コストも圧倒的に抑えることが出来るようになります。)

    Magentoを別途用意する必要がありますが、2台以上のPOSレジを統合管理する例と比較すれば、ECサイトを利用しなくても安く収まります。iPadを販売スタッフに持たせればいいので、カウンターがなく、より広く販売スペースを確保可能にもなります。

    ECサイトと実店舗での販売を行っている、または行うことを考えている場合、圧倒的にコストメリットと利便性の高い「Magento iPad POSアプリ」が最良の選択となることは間違いありません。

    Magento iPad POSアプリ 商品紹介・販売ページ