ECって儲かるのか?実店舗は必要?

弊社はECサイトを構築して提供する会社です。その中でEC導入の結果黒字化出来た、実店舗の5倍のECで売上が上がっているといった声をよく耳にします。

もちろんECだけで事業を営み、お客様が足を運ぶ実店舗は持っていないECに特化したお客様も多くいらっしゃいます。

それだけECには強力な販売能力がありつつも、実店舗運営に比べ家賃や光熱費等の諸経費が抑えられる理想的な販売手段であるということは間違いないと、お客様の実の声から伺うことが出来ます。

実店舗の必要性?

しかしそれでは実店舗が要らないのか、という極論にせまると、私の考えではあったほうが良いという考えに現在至っています。
ECの弱点は実在性に於いての信用を証明する手段がないことなため、特に海外向けのサイトでは日本に比べ圧倒的に信用がない前提での取引を行うわけですから、実店舗が実在性を証明し信用を得るという強力な有効手段になってきます。

日本では特定商取引法というものがあり、運営者や住所、決済手段や配送方法の記載が法律によって義務付けられているため、住所をGoogleのストリートビューで見れば店舗の外観まで確認できますね。
しかしそういった手段を知らない方々も多いですから、お店の写真があればかなりのところまで実在性を証明することが出来ます。

もちろん会社名やブランド名が広く知れ渡っており、その名前を使ったECサイトであれば、実在性は証明できる部分もありますが、特に会社の名前などは同じ名前の別の会社も多くあるなど考えれば、自分たちが知っている会社とたまたま同名の別名の会社が運営しているかもしれません。
そういったところまで考えていくと、やはり実店舗の存在は大きいと思います。

オムニチャネルについて

最近はECと実店舗のような複数の販売店舗を一元化するオムニチャネルという言葉が流行っていますが、例えばMagentoの場合ではWebのEC画面、スマホのECアプリ、そして実店舗用のバーコードリーダー付きのPOSまでもが全てMagentoに集約できますので、在庫管理の一元化、そもそも的にシステムを何個もご導入頂く必要もなく、またトラブル等があっても一気通貫でのサポートを受けていただくことも可能になります。

実際の例もございます。

これからECを立ち上げる方

もしこれからECを立ち上げるのであれば、将来的に実店舗も持つ可能性があるとお考えであれば、このようなことが唯一可能になるMagentoをやはりおすすめします。今後どのようなことが起こるのかわからないという意味でもオムニちゃる一その他の拡張性における幅が最も広い選択肢がMagentoであるという点も見逃せないポイントですね。

実店舗を運営されている方

すでに実店舗を運営されているようであれば、POSのリプレースタイミングでMagentoのご導入を検討される価値が有るということです。

ECサイトをすでに運営されている方

実店舗があることをご検討されたことはありますか?

確かにに大きな出費からのスタートになりますが、Magentoでその費用を抑えられますし、特に中国やアメリカなどの海外市場を狙われるのであれば、信用においての需要な要素になってきます。
海外ではBtoCの取引において、先に銀行振込をするということはほぼありえないと思っています。日本ではオークションでゆうちょ銀行先払いなどよくありますよね。あれは海外では絶対ありえないため、信用担保が可能なPaypalやAlipayなどが流行っているのです。タオバオも偽物や詐欺が多すぎるため、結果的に出店ハードルの高いT-Mall(天猫)の方が伸びてきているということもあるようです。
それだけ信用がない前提で成り立ってるのが当たり前で、基本信用してもいいから始まるような日本社会は世界でも稀であるということを忘れないで下さい。

ベトナムでの話ですが、一度バイクでお店に来てから品物を見て、家に帰ってからネットで買う、とか、とにかく電話が沢山かかってきてあれこれきかれるので、電話対応で追われることになる、と聞いたことがあります。
それくらい海外ではお互いを信用しないことが当たり前で、気をつけなければ詐欺似合う社会だと思って間違いございません。

そういった意味での実店舗展開をMagentoを併せてご検討頂くことが、長期的に効率的で、コストも下げられる唯一の選択だと思っています。

ECの商工会議所?

初めてECを立ち上げることでご相談頂くケースもあれば、長く運営されており、新システムへの移行や新事業立ち上げによるECサイト追加のご相談も頂いておます。
長く運営されているお客様それぞれが勝ちパターンを当然持っているから、会社経営が成り立つわけで、弊社は数多くのECサイトを運営されるお客様のその勝ちパターンをいろいろとお話を伺うことができるという特長もございます。

そしてその勝ちパターンを弊社を経由して情報共有していただくことができるため、いわばEC運営者様のあつまるEC商工会みたいな機能も自然と成り立ってきているんだなと思うようになりました。

弊社としてもお客様に儲けて頂かなければ、今後お付き合いしていく中での弊社にまた業務委託頂く原資が無いわけですから、弊社も必至にお客様に設けていただこうと自然と力が働くんですね。

このようにある種運命共同体的なお付き合いが自然と発生しているからこそ私はECに関わるビジネスの合理性を身にしみて感じます。

Magento構築について

ここまでお読みいただきありがとうございます。ここでCMを入れさせて下さい。
弊社ではMagento構築サービスを税抜248,000-から承っております。
わかりやすい価格体系をご提供するため、必要なオプションを選んでいただきことで、必要な費用がわかる仕組みでご提供差し上げております。

Magento構築サービス

ご一読ありがとうございました。