BtoB(B2B)マーケットプレイス/ショッピングモールMagentoエクステンション

B2B Magento マーケットプレイス

世界最高峰のECプラットーフォームであるMagento用のBtoCマーケットプレイスの他にも、BtoB(B2B)専用のマーケットプレイスがございます。Magentoにインストールすることで容易に企業間取引専用の卸売マーケットプレイスサイトを実現可能です。

特徴

  • ✔ 卸売業者と小売業者で個別のログイン
  • ✔ 卸売業者と小売業者で個別のユーザー登録
  • ✔ 小売業者のプロフィール画面およびダッシュボード画面からの一括商品アップロード
  • ✔ 小売業者がCSVで商品をアップロードすると、商品は世界中から閲覧可能な商品リストに追加されます。
  • ✔ 卸売業者と小売業者間での直接的なコミュニケーションは出来ないようになっています
  • ✔ 全て管理者側から操作可能
  • ✔ 販売手数料の徴収が可能
  • ✔ 管理者と小売業者間で利用可能なコミュニケーションパネル
  • ✔ 小売業者をグループで管理
  • ✔ 小売業者および卸売業者が利用可能なカスとタム属性とカスタムオプション
  • ✔ 顧客には返品保証つき
  • ✔ 顧客は大量購入の際の見積もり相談が可能

インストール

B2B Magento マーケットプレイスモジュールのインストールはとても簡単です。app、media、skinフォルダをMagentoのルートに移動するだけ。以下のスクリーンショットを参考にしてください。

モジュールのフォルダをMagentoのRootディレクトリにコピーします , ここにフォルダをドラッグ

フォルダを移動後、キャッシュをMagento管理パネルから削除してください。システムのキャッシュ管理を参照してください。

全てを選択しキャッシュストレージを削除します

B2B Eコマースマーケットプレイスモジュールのツアー

モジュールのインストール後は、B2B マーケットプレイス販売者について個別のログインとユーザー登録が可能になります。スクリーンショットを参照してください。

販売者用と購入者用のログインとユーザー登録は別になります

販売者とパートナーで異なる販売者ログイン・ユーザー登録フォームがあります。

B2B マーケットプレイスサインアップフォーム

管理者はユーザー等r九フォームを作成し、ドロップダウンやブラウザボタン、複数選択などの入力欄を好きなだけ追加できます。

販売者/購入者の登録情報に追加するフィールド


B2B マーケットプレイス販売者ダッシュボードおよび管理画面の管理

ログインが完了したら、販売者はB2Bマーケットプレイスのブロックをアカウントから確認することができるようになります。そこから販売者は商品を管理したり、管理者とコミュニケーションをとったり、商品の大量アップロードをしたりすることができます。

商品登録と販売者/購入者、見積もり、販売管理メニュー

商品の大量アップロードをはじめとした多くのオプション機能があります。販売者・パートナーの画面を確認してください。

B2Bマーケットプレイス販売者情報

販売者商品アップロード

販売者は商品を個別に追加することもできますし、またはCSVを用いて商品を一括で加することもできます。商品画像も付随します。

複数選択可能なツリー型のカテゴリ , AJAXで動作するSKUの重複チェック , カスタムオプションの追加 , 画像を複数追加可能

販売者は複数のカテゴリーをメニューツリーから選択することができ、好きなだけ画像を添付したり、ベースやサムネイル、小さな画像を選択することもできます。

全ての入力フォームが有効化され、SKUは正常にAJAXで重複を確認されます。

全ての入力フォームは有効化され、SKUが利用可能かをajaxで確認されます。

販売者商品リスト

販売者は自身が追加した商品を確認することができます。また、商品を編集したり削除したりすることもできます。

商品を編集または削除ト

編集するには編集ボタンをクリックしてください。その後の画面で商品の編集を行えます。

編集するには編集ボタンをクリックしてください。その後の画面で商品の編集を行えます。

販売者ダッシュボード

販売者は自身のダッシュボードにより売上を管理することができます。販売者は最新の注文やその状況、最新のレビューやコメント、そのステータスを確認できます。インタラクティブなグラフで販売履歴を確認することもでき、管理者に質問を行うこともできます。

セールの詳細 , ここから販売者は管理者に質問 , 最近の注文詳細とステータス , 最近のレビューとステータス , 販売の合計チャート

販売者注文履歴

販売者は商品の注文詳細を確認できます。

販売者注文履歴

商品一括アップロード

販売者は商品を一括アップロードすることができます。このアップロードは後に管理者によって審査が行われます。

商品一括アップロード

B2B マーケットプレイス販売者・管理者間コミュニケーション

販売者と管理者は互いにコミュニケーションをとることができます。

ここで販売者と管理者間のメッセージで会話する

カスタム見積もり

顧客は商品に対して見積もり相談を行うことができます。販売者はその見積もり金額を承認したり、その件について管理者とコンタクトをとったりすることができます。

販売者は見積もりのステータスを確認可能 , ここで販売者は見積もりの編集や管理者との会話を行う

見積もりには4つのステータスがあります。

  • 1. 承認:出された見積もりが管理者と販売者の両方に承認された場合です。
  • 2. 検討中:管理者か販売者、あるいはその両方がまだ承認を行っていない場合です。
  • 3. 売買完了:見積もりが行われた商品が販売された場合です。
  • 4. 非承認:見積もりが販売者により拒否された場合です。
  • コミュニケーション:販売者は管理者とコンタクトをとり、見積もりを承認するか否かについて話し合いを行うことができます。
販売者と管理者間の見積もりに関する会話履歴

編集:販売者は見積もりの量や価格を編集したり、見積もりを承認したり、管理者とコンタクトをとったりすることができます。

販売者が数量と価格を更新 , 販売者が見積り額を承認, 販売者と管理者間の会話履歴

ここまでが販売者側の機能です。顧客側の動きも見てみましょう。

顧客は返品保証として返品をリクエストしたり、見積もりを追加したりすることができます。それぞれのリンクは顧客のMy Accountから確認できます。

ここまでが販売者側の機能です。顧客側の動きも見てみましょう。

新たに返品を要求する

顧客は返品を要求したり、返品の状態を確認したり返品をキャンセルしたりできます。

新たに返品を要求する

返品リクエスト履歴

顧客は、注文について新たに返品リクエストを作成することができます。

注文を選択, 返品フォーム

販売者はその注文について返品情報を入力することができます。

注文を選択
完了した注文を選択する画面

詳細を確認

購入者はここで返品ステータスを確認 , 購入者はここで商品の追跡番号を追加 , 商品の画像を追加 , 返品が完了した場合ここで返品リクエストを終了する , 購入者はここで管理者にメッセージを送ることができる

見積もり

大量注文の見積もりボタンを商品ページの前面に確認することができます。

カスタムオーダーの見積もり依頼ボタン

「この商品に見積もりを提出する」をクリックすると、顧客は商品数と値段を入力することができます。

価格、数量、メッセージを入力
見積もりが保存された状態

見積もりを提出すると、その見積もりがアカウント内に確認できるようになります。そこから編集や削除を行ったり、コンタクトをとったりすることもできます。

カートに追加、見積もりの編集削除、会話履歴のメニュー

カートに追加

見積もり相談内容が販売者により承認されると、「カートに追加」するボタンが現れます。

見積もり相談内容が販売者により承認されると、「カートに追加」するボタンが現れます。
割引が適用されています

注文を確定すると、その見積もりを行った商品は「売買完了」となります。

注文を確定すると、その見積もりを行った商品は「売買完了」となります。

コミュニケーションの確認

顧客は管理者とコンタクトをとることができます。

購入者と管理者の会話履歴, メッセージ送信

見積もりの編集

見積もりの編集
価格と個数を編集

これが顧客側の動作となります。


管理者側のマネジメント

管理者は、管理画面のシステム、設定より設定画面を確認することができます。

BtoB マーケットプレイス設定

1. BtoB マーケットプレイス設定

このタブから、管理者は多くの設定を確認できます。1つずつ確認していきましょう。

販売手数料率:販売者は商品売上げ毎のパーセントを設定しなければなりません。この設定は全ての販売者に適用されることとなります。仮に販売者S1が商品P1を10,000円で売った場合、売上毎にP1の販売者は8,000円を、管理者は2,000円を手数料として受け取ることになります。 (訳注:スクリーンショットと合わせての文章のようです)

商品認可設定:このオプションにより、管理者は商品の自動承認を制限することができます。販売者が商品を追加する際に、商品は管理者、店舗オーナーにより承認・非承認を行うことができます。

管理者メールID:管理者はメールアドレスを入力しなければなりません。

属性セットID:属性セットIDは、自身のカタログにデフォルトで設定されているIDで、スクリーンショットでもデフォルトと設定されています。管理者は属性セットをドロップダウンから選択できます。

商品ステータス:管理者がパートナーを無効にする際、パートナーの商品のステータスがどうするか設定できます。

2. 返品処理設定

返品ポリシーの詳細入力:このタブから、管理者は返品ポリシーを入力することができます。この返品ポリシーは顧客側に表示されるものです。

3. 見積もり設定

カートに追加できる最低個数の入力:カートに追加できる個数、または見積もりを行う際の最低個数を設定できます。

新たなメニューとして"B2B マーケットプレイス"が画面下部に現れます。

見積もり設定

B2B マーケットプレイスには2つのメニューがあります。1つずつ確認していきましょう。


パートナー画面

ここでは、更に幾つかのサブメニューを確認できます。

パートナー画面

商品管理

このメニューでは、販売者が商品管理を行うことができます。BtoBマーケットプレイス設定パネル(システム > 設定 > webkul)の商品の承認が必要である場合、販売者により追加された全ての商品は管理者による商品が必要になります。商品の承認は、商品管理メニューで行うことができます。

商品の承認ステータス 商品のプレビューボタン

プレビューボタンから、追加された商品のプレビュー画面を確認することができます。

プレビュー画像

一括商品登録管理

本メニューから、パートナーの一括商品登録の承認を行うことができます。

パートナー管理

このメニューから、販売者を管理することができます。この場合、全ての販売者は、管理者により承認される必要があります。スクリーンショットを確認してください。

商品を一括で承認 商品の承認ステータス
販売者登録の承認・非承認 販売者のステータス

手数料管理

手数料管理メニューでは、全ての手数料に関する管理を行うことができます。個々の販売者の手数料もあり、管理者はそれぞれの販売者についてそれぞれの手数料を設定できます。

販売手数料 複数の販売者へ支払い処理を行う 支払いの一覧

本場面の用語について説明しましょう。

支払いアクション:グリッド内の支払いアクションでは、特定の販売者への支払いをクリアすることができます。仮に販売者S1が10,000円の支払いがある場合、支払いボタンをクリックすると、販売者は既に支払いを送金し、それが解消されることを示します。但し、実際の支払いはいかなる支払いゲートウェイにおいても行われておらず、単に計算上の管理ということになります。

ドロップダウンでのアクションはグリッドのそれと同じですが、複数の販売者に適用することができます。

手数料:販売者手数料のディスプレイ用の列です。

商品属性の管理

商品属性の管理メニューでは、カスタム属性をフロントエンドから表示したり隠したりすることができます。

フロント側の属性ステータス フロントに表示・非表示の切り替え

パートナー属性の管理

パートナー属性の管理メニューでは、カスタム欄をパートナーのアカウントで表示させることができます。

販売者の属性グリッド

クリックすると新たにフォームを開くことができます。

クリックすると新たにフォームを開くことができます。

上記スクリーンショットからも分かりますように、パートナー属性には多くのパラメーターが存在します。1つずつ説明しましょう。

フィールドラベル:パートナー属性の名称として表示されるものです

名前:欄の名称を入力してください。

タイプ:パートナー属性欄には以下のような多くのタイプがあります。

  • ✔ 入力欄
  • ✔ 複数選択
  • ✔ 画像表示
  • ✔ テキストエリア
  • ✔ ドロップダウン
  • ✔ ラジオボタン

詳しくはスクリーンショットを確認してください。

詳しくはスクリーンショットを確認してください。

順番の設定:パートナー属性の順番を設定できます。

必要な値:パートナー属性の入力が必須か否かです。

ステータス:パートナー属性の有効・無効に関するものです。

管理者は、パートナー属性について削除したり、ステータスを編集・変更したりできます。

属性の削除・変更ステータス 販売者属性の編集

全てのコミュニケーション

全てのコミュニケーションメニューから、パートナーと管理者間でのやり取りを一覧で確認できます。

すべての会話を表示するグリッド

「コミュニケーションの確認」をクリックし、コミュニケーショングリッドを開いてください。

販売者へメッセージを送信

見積もり表示

見積もり表示メニューからは、全ての大量注文に関する見積もり相談を確認することができます。管理者は承認・非承認を行うほか、顧客とのコンタクトをとることもできます。

見積りのステータス 見積りを表示 販売者との会話履歴へのリンク 購入者との会話

見る

見積りを表示 見積りのステータスを変更

パートナーとのやり取り

販売者と管理者の会話一覧 販売者へメッセージを送信

顧客とのやり取り

購入者と管理者の会話一覧 購入者へメッセージを送信

2. 返品保証システムパネル:ここでは、以下のような幾つかのサブメニューが表示されます。

返品保証システムパネル

i. 全ての返品:全ての返品メニューでは、顧客により行われた返品リクエストを確認することができます。ここでは、返品の管理の他、注文に関することで顧客にコンタクトをとることもできます。

返品リクエスト一覧
返品リクエスト詳細 返品ステータスを変更 購入者へメッセージを送信
購入者と管理者の会話履歴

理由:理由のメニューでは、顧客側に表示される理由について追加することができます。

返品・キャンセル理由の一覧 返品・キャンセル理由の変更と削除
返品・キャンセル理由の詳細